LINEで送る
Pocket

建物の電気設備については、自家用電気工作物保安管理規程により年次点検で1年に1度停電を行い、点検を行うことが義務付けられています。以前は、法定停電、停電検査、定期検査、精密点検、法定検査、等、いろんな呼ばれ方をされていましたが、現在は、年次点検と呼び名が統一されているようです。

会社で電気設備を1日停電させてしまうと、1日分だけ事業活動を停滞させる所が殆どだと思います。何とか電気設備を利用したいとお考えでしたら、大容量の蓄電池システムをレンタルしてみてはいかがでしょうか。以前は、発電機を使って年次点検時の電気設備を利用していたようですが、近年はビルなどのオフィスで事業されていると、室内での発電機には問題があります。

>>オンリースタイルの蓄電池レンタルサービスはこちら<<

でも蓄電池を提供している(株)オンリースタイルのレンタルサービスでしたら以下の3つのメリットから利用することが可能です。
オンリースタイルでは、お得にレンタル!気軽に3日間18,000円で利用OKサービスなど、手軽に蓄電池を利用出来るプランを提供しています。

室内でも利用出来る

発電機と違って、排気ガスができない蓄電池は、オフィスなどの室内でも安全に利用することが出来ます。しかも、特別な知識は必要ありません。蓄電池にコンセントをさせば、利用したい電気機器を利用することが出来ます。

また、発電機で出るような騒音も発生しません。蓄電池は無音で電気を供給することが出来るので、周りの人に迷惑をかけることもありませんし、通常の業務と変わらない環境で仕事に取り組むことも可能です。

安全性が高い

発電機の場合、電気を発生させる為にガソリンを使って発電します。ガソリンに引火すると火災発生の原因にもなりかねません。実際に、イベントなどの屋台で、発電機用のガソリンが原因で火災が発生した事例は、過去のニュースでも見たことがあると思います。



蓄電池の場合は、ガソリンなどの火災の原因になるものは一切必要ありません。オフィスなどの室内でも安全・安心して年次点検時で利用することが可能です。

到着後にすぐ利用出来る

蓄電池は、充電済なので到着後に直ぐ利用することが出来ます。オンリーワンでは、重い蓄電池を運べるよう車輪のついた蓄電池ECO-Power6400(エコパワー6400)をはじめ、蓄電池を連結することで大型蓄電池として利用することが出来るECO-Power2500(エコパワー2500)をお手頃価格でレンタルしています。

必要な蓄電池の台数については、(株)オンリーワンの公式サイトにて、提案してくれます。利用する電化製品のワット数と台数、利用時間を入力すれば、蓄電池の必要台数をはじき出してくれますので、是非ご利用ください。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です