LINEで送る
Pocket

関空(関西国際空港)を利用して海外へ出かける際に持っていきたいのがポケットWiFi(ワイファイ)です。ここ数年、空港でよく目にするのがタレントのイモトアヤコさんが宣伝している『イモトのWiFi』です。安い料金でレンタル出来て、しかも関空で受け取ることが出来る便利さがうけて、利用する人が増えいています。というか私も、3Gプランで2回利用させて頂きましたが、ストレスなく利用出来て満足しています。



今回、関空でレンタル出来るイモトのWiFiについて、知っておくと便利なサービス情報をご紹介します。

ポケットwifiの受取場所

関西国際空港でイモトのWiFiを受取と返却が可能な箇所は、以下2カ所です。

  • 関西空港駅改札向かい(2階)総合サービスセンター内
  • 関西空港駅南海電鉄改札店

いずれも受取・返却、それと当日受付も行っているので、急な利用にも対応しています。営業時間は、7:00~22:00までなので、この時間帯で利用することが出来ない場合は、自宅まで届けてくれる宅配レンタルサービスを利用することをオススメします。また、帰国後の返却については、上記の2カ所以外に、『関西空港 第1ターミナルビル 1階』に24時間返却可能な返却BOXが設置されているので、こちらも利用された方が良いでしょう(荷物が減るので助かります)。

料金ってどのくらいなの?

料金については、出張や旅行先の国によって通信料金が違ってきます。出張や旅行で行くことが多い、韓国、アメリカ、スペイン、エジプトに5日間滞在して、3GプランでポケットWiFiをレンタルした場合の料金は、以下の通りです。

  • 韓国 680円/日 × 5日 = 3,400円
  • アメリカ 980円/日 × 5日 = 4,900円
  • スペイン 1,280円/日 × 5日 = 6,400円
  • エジプト 1,580円/日 × 5日 = 7,900円

4G/LTEプランも利用可能な国が増えています。上記で紹介した国だとエジプトを除けば、1日680~1,580円で利用することが可能です。配レンタルを利用すると配送料が発生するので、なるべく関空で受取・返却をするようにしましょう。



実際に使ってみた感想

以前、シンガポールとカナダのバンクーバーでイモトのWifiを使って旅行したことがあります。通信速度3Gのプランで利用しましたが、Web画面を閲覧するだけなら、特にストレスなく利用出来ました。空港やバスなどの待ち時間では、動画を見ることもありましたが、再生開始まで少し時間がかかるくらいで、慣れれば特にストレスなく利用出来ます。それとあまりデータの容量を気にせずバンバンインターネットを閲覧していましたが、特に制限がかかることもありませんでした。

でも、あんまり頻繁に使っていたせいか、ポケットWiFiのバッテリーが半日しかもたなかったです。なので、予備バッテリーを持っていくことをオススメします。もしお持ちでなくてもイモトのWiFiで1日200円から、軽量モバイル充電池をレンタルすることが可能です。

LINEで送る
Pocket