LINEで送る
Pocket

居酒屋さんなどの飲食店にプロジェクターを設置しているお店って増えていますね。スポーツ観戦をしたり、ミュージックビデオを流したりで、集客の効果を狙う為に利用されていると思います。

私もサッカーが好きで、日本代表の試合をお店の大画面で仲間と一緒に観戦していると、ついついお酒を飲んで大いに盛り上がった記憶があります。

特に、窓がないお店では、プロジェクターを効果的に利用して集客に活かしているようです。この前いったお店は、ちょうどブラジルオリンピックだったこともあり、サンバやボサノバのミュージックビデオ流していて、お店も繁盛していました。

レンタルプロジェクターで検証

最近は、プロジェクターの値段も下がってきましたが、それでもまだ高価な買い物。実験的に設置してみたいと考える経営者の方もいらっしゃるかと思います。そんな時に利用したいのがプロジェクターのレンタルサービスです。

試しに1~2週間程プロジェクターを店内に設置してみて、お客様の反応を観察してみてはいかがでしょうか。また、設置した時の売り上げに変化がないか確認してみて下さい。流す映像によっても変化があると思いますが、大抵の場合、売り上げが上がる可能性があります。

店内が明るい飲食店だと、輝度の高いプロジェクターのレンタルをオススメしますが、大抵の居酒屋さんで夜でのプロジェクター利用であれば、2800ルーメン以上のプロジェクターでも映像を投影することが出来ます。スクリーンも一緒にレンタルするのもいいのですが、白壁なら、壁に直接投影してもOKですし、逆にオシャレ感を演出するケースもあります。

低価格でレンタルならエイペックス

全国にプロジェクターの宅配レンタルサービスを展開しているエイペックスなら、様々なタイプのプロジェクターのレンタルサービスを行っています。場所を指定して頂ければ直接お届けすることも可能です。レンタルは、インターネットから注文しますが、領収書の発行サービスも行っているので、会社の経費として計上することも可能です。

新しい顧客の開拓や新サービスの展開の調査に、レンタルプロジェクターをご利用してみてはいかがでしょうか。





LINEで送る
Pocket