LINEで送る
Pocket

ここ数年、ビジネスで熱い視線が注がれているのがシンガポールです。法人税などの税金を下げることで、ビジネスやお金持ちの投資家やをシンガポールに呼び込もうという国の方針もあり、ビジネスで訪れる外国人は、年々増加の一途をたどっているとか。

日本人もビジネスや会社の出張でシンガポールへ訪れることがあります。ビジネスだと商談や会議、サラリーマンなら展示会などでシンガポールへ行くといった感じでしょうか。そんな時に必要になってくるのがポケットWiFi(ワイファイ)です。

ポケットWiFi(ワイファイ)をレンタルしよう

最近は、街のカフェや飲食店でも無料WiFiを提供してくれるお店が増えてきましたが、シンガポールで無料WiFiが利用出来る箇所は、限られています。それならば、シンガポールに滞在中、いつでもどこでも利用出来るポケットWiFi(ワイファイ)があると便利です

インターネットに接続することで、いつでもどこでも必要な情報にアクセスして、ビジネスチャンスを逃しません。

wifi

以前、クラークキーやベイフロント、シティ・ホール周辺で通信速度が3GのポケットWiFi(ワイファイ)を利用してみましたが、問題なく利用することが出来ました。速度は3Gでしたが、ホームページを閲覧する程度なら特にストレスを感じないで利用しました。インターネットによる動画再生でも、若干のタイムラグはありましたが問題ないレベルで、待ち時間に利用していました。

空港でレンタルが便利

私が利用したポケットWiFi(ワイファイ)サービスは、イモトのWiFiでした。インターネットで申し込めば、空港で直接受け取れるのでとても便利です。私の場合、成田空港で受け取り、帰国後は空港の返却BOXへ返却出来たので荷物にならなくて助かりました。

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

通信速度は3GとLTEのどちらかを選択することが出来ます。LTEだと料金が高くなりますが、個人的には3Gでも十分ビジネスで利用出来ると思います。経費で落とせそうならLTEを利用するようにしましょう。

大容量バッテリーもあると便利

もし、頻繁に利用するなら、大容量バッテリーも合わせてレンタルすることをオススメします。私の場合、頻繁に利用した影響で、ポケットWiFi(ワイファイ)のバッテリーが半日で終わったので、大容量バッテリーも持って行って正解でした。

シンガポールへお出かけの方、是非、ポケットWiFiのレンタルをお忘れなく。

LINEで送る
Pocket